バストアップに寝方は重要

睡眠をしっかり取ってバストアップする

バストアップ,寝方

 

バストアップさせるには、睡眠をしっかりと取る事が必要です。女性のバストが大きくなるのは、女性ホルモンが分泌される事によります。女性ホルモンが分泌されないと、バストは大きくなる事はないです。その女性ホルモンが分泌される時間帯は、夜22時から深夜の2時の間になります。

 

この時間にしっかりと睡眠を取る事により、女性ホルモンの分泌が促されます。しっかりと睡眠を取らないと、バストが成長しにくくなります。また寝る時の姿勢も大切で、寝相が悪いとバストが垂れ下がったり形が悪くなったりします。

 

うつ伏せで寝ると胸が潰れてしまい、形が悪くなる原因に繋がります。横向きで寝るのもバストが横に流れてしまうため、シワや垂みが出来やすくなります。寝ている時には寝返りを打つため、一定の姿勢を保つのは難しいですが、うつ伏せで寝るのは避けるようにした方が良いです。

 

なので、睡眠時にはブラジャーを着けて寝る方が効果的です。睡眠時にブラを着けていないと、寝返りを打った時に胸が大きく動いてしまいます。ブラジャーを着用していると、それを防ぐ事が出来ます。立っている時と寝ている時でバストに対しての重力のかかり方が異なるため、睡眠用のナイトブラを着用するのが良いです。

 

形を綺麗に保つためにも、ナイトブラを着用して睡眠を取るようにしましょう。

バストアップに良い寝相

バストアップ,寝方

 

バストアップには良い寝相と悪い寝相があり、まずは良い寝相について紹介します。良い寝相は仰向けで寝る事で、1番バストアップに向いた寝方です。仰向けはバストに余計な負担がかからないため、胸の血行が妨げられる事もなく、ホルモンや栄養が行き渡るようになります。

 

形も崩れにくく、成長を妨げないため適しています。

 

1番良くない寝方は、うつ伏せの状態で寝る事です。うつ伏せで寝ると胸に自分の体重もかかってしまい、胸が圧迫されて血行が悪くなってしまいます。こうなると、バストに十分な栄養素が行き渡らなくなり、胸の成長を妨げてしまいます。

 

うつ伏せはバストに負荷がかかり、形が崩れる原因にも繋がり、見た目も悪くなってしまいます。また、横向きで寝ると、胸が重力によって下向きに引っ張られてしまいますので、横に流れて形が崩れる原因になります。

 

胸の中にはクーパー靭帯と言う乳腺を支えているものがあり、それが伸びると離れ胸になりやすいです。寝ている時にはナイトブラを着用する事が大切で、ナイトブラを着用しないとバストが横に流れてしまいます。そうすると、形が崩れる原因になってしまいます。

 

なので、ナイトブラを着用して仰向けで寝る事がバストアップには最も適した寝方と言えます。

寝ながらバストアップする方法

バストアップ,寝方

 

バストアップする方法には、寝ている時に出来る方法があります。それはナイトブラを着けて寝る事で、形の悪いバストになるのも防げます。ナイトブラはバスト全体を保護してくれるため、綺麗な形のバストに作り上げてくれます。

 

立っている時と寝ている時では胸にかかる重力が異なるため、ナイトブラを装着する必要があります。寝る前にはぬるま湯か水を飲む事で、血行が良くなります。しかし、冷たい水を飲むと、身体を冷やす原因になるので避けた方が良いです。

 

枕の高さをチェックする事も大切で、枕の高さが合わないと肩こり等の原因に繋がります。理想的の枕の高さは、仰向けに寝た時に顔と敷き布団が平行になる4センチから5センチくらいの高さが丁度いいです。

 

また、寝相はなるべく仰向けで寝るように気を付けた方がいいです。その理由は、うつ伏せで寝ると体重によってバストが潰される事もあるからです。うつ伏せで寝てバストが潰されると、形が崩れる原因になるので、寝るときの体勢にはくれぐれも気を付けましょう。

 

また両手を万歳するような感じで上に上げて、左右の手を握手するようにする事でバストが持ち上がります。そのままゆっくりと手を下に戻して、その状態を維持して寝るのが理想的です。

エクスグラマーナイトブラのご購入はこちら!トップページへ胸が小さくて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方は、トップページでエクスグラマーナイトブラの詳細をチェックしてみてください^^